検索

おすすめ観葉植物

おすすめ観葉植物

忙しい日々の中で心を癒してくれる存在として緑を取り入れることはよくありますが、ついついお世話を忘れて枯らしてしまうということも珍しくありません。

最近は本物と区別がつかないほど精巧な造花やフェイクグリーンもあり、「生活に潤いを与えてくれる存在として観葉植物を取り入れたいが世話はなかなかうまくできない」という方にはそちらもおすすめです。しかし、やはり生きた観葉植物には本物ならではの魅力があり、手間がかかるぶん相応の癒しを与えてくれます。

今回は、比較的育てやすく手入れがしやすい、初心者向けの観葉植物を簡単にご紹介したいと思います。


●ポトス


蔓状で、予想以上に伸びてしまった場合も剪定がしやすい植物です。

日光を好みますが室内でも育ちます。寒さに弱いので冬は空調の効いた部屋に置いてあげましょう。水は、土の表面が乾いたら与えるようにし、与えすぎに注意します。




●トラノオ(サンスベリア)


見た目が美しいだけでなく、それほど高さがない(最大50~60㎝程度。そこまで大きくなることも珍しいようです)ので他のものと比べても圧迫感の少ない観葉植物です。

日光を好みますが、直射日光を当てると葉焼けしてしまうのでレースカーテンなどで和らげた光に当てます。水やりは、春から秋は土の表面が乾いてから、冬場は月に一度与えましょう。












●ガジュマル


沖縄で特に愛される樹で、日光を好みます。自然下では約20メートル以上にまで成長するものもありますが、室内の鉢植えで育てる分には1~3mに収まります。

水やりは土の表面が乾いたときにたっぷり与え、冬は乾いてから3日ほど待って与えましょう。











●シュロチク


丈夫で育てやすく、大きさの調整も比較的しやすい植物です。和風のお部屋に合う観葉植物として人気ですが、洋風のお部屋にもなじみます。

水やりに加え、半日陰程度の光と、時々葉を濡れた布で拭くか霧吹きなどで濡らすと害虫の発生やそれによる病気を防ぎやすくなります。
















植物は自然の一部であり生き物である以上、紹介した植物にもここで説明したことの他により長く・快適に栽培していくために気をつけるべき点があります。

これを読んで興味を持った方は、より詳しく調べたうえでぜひライフスタイルに合った植物をお迎えしてみてはいかがでしょうか。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示